家族葬の費用について

家族葬の費用ですが、一般葬と比べて参列者が少ないので費用は抑えられます。ただ、葬儀会社によってプラン内容やオプションの有無、費用、支払方法などが異なるので、ネットやパンフレットなどで調べるといいでしょう。その際、できれば相見積もりを取ることをおすすめします。家族葬は費用が抑えられると言われていますが、一般葬の相場の平均がおよそ100万円であるのに対して、家族葬は50万円前後が目安のようです。

葬儀費用に含まれるものとしては、遺体搬送費用、通夜式、告別式、火葬料、などがあります。さらには火葬に必要な物品人件費で、具体的には、お布施や斎場や会場の施設使用料、お料理、会葬返礼品、祭壇花代、棺などの項目が主な費用の内訳です。お布施の金額は菩提寺によって異なるのでお寺に直接問い合わせる必要がありますが、ただ、宗派によって金額もそれぞれ異なり、読経料として定まった金額が設定されているわけではありません。祭壇に関しては故人のイメージや人柄、趣味などを考慮して飾られるのですが、お花の種類やボリュームによって費用は変わります。

一番大きく費用に影響する項目が参列者に出すお料理や会葬返礼品の項目ですが、参列者の人数や料理のグレードによって大きく変動します。その他、斎場や会場など施設使用料ですが、一般的に会場の規模や民営斎場か公営斎場かでも費用は異なります。

費用全般で言えることですが、やはり葬儀社によって見積もりに含まれているものいないものの違いがあるので、そのところをきちんと確認しておくと安心です。