家族葬の流れと葬儀内容

家族葬を行う際の簡単な流れとして、まず故人の親族をはじめとして関係者に訃報連絡をしますが、連絡内容としては、一般のお葬式と同じで、日程や場所などを伝えます。家族葬の場合、お葬式に参列してもらう親族や近親者は厳密に決まりがあるわけではありませんが、通常、直系の家族をはじめとして、故人の子供の家族、故人の配偶者の家族、故人の兄弟姉妹までで、概ね三親等までの範囲とされているようです。

家族葬は参列者が少ないということが特徴の一つですので、参列者の人数としては30名程度を想定しています。生前故人と親しかった友人など、参列してほしい人は連絡先がわかれば知らせましょう。次に会社関係、学校関係、町内やお隣やご近所などへの連絡となりますが、その際、家族葬でお葬式を行う旨を伝えておく必要があります。

お葬式の内容は一般的なお葬式と変わりなく、お通夜、告別式、火葬となります。ただ、一般のお葬式のように、多数の参列者に気を配りながら対応する必要があまりないので、遺族の気持ちの負担が軽くなり、その分、故人について家族や近親者とゆっくり思い出話などをして別れを惜しむことができます。祭壇のタイプや式場なども、希望があれば世間体にこだわったり、対外的な体裁を整えることを優先しなくてすむので、自由な形で執り行えるのも特徴です。例えば、祭壇を故人の希望に沿って好きなお花で見送るとか、趣味の作品を祭壇に飾るなどができます。

病院や自宅などへのお迎えから火葬まで、全体の流れは一般のお葬式と大きな違いはありません。ゆっくりお見送りをしたい、費用を抑えたい、あるいは知らせる方が少ないといった方は家族葬を検討されるといいのではないでしょうか。