家族葬と香典について

現在、家族葬を選ばれる方が多くなっていますが、その理由として自分がどのようなお葬式をしたいのか、お葬式そのもののについて考える人が増えてきたからではないでしょうか。お葬式の形も昔からのスタイルではなく、個人の希望が優先されるように形態が多様化し、選択肢も増えてきました。

そのような社会の価値観や風潮の中で、家族葬は現在お葬式の主流になっているようですが、選ばれた理由の一つに費用面でのメリットが挙げられます。一般葬と比較して費用を安く抑えられると考えられていますが、お葬式自体は昔より、相互扶助的な人間関係を象徴するものとして位置付けられてきました。その際、参列者が持ち寄る香典はお葬式の費用として、故人ゆかりの人が費用を出し合い見送る儀式という側面から、必要なものだったと考えられます。

家族葬の場合は、一般的に香典は辞退することが多いようですが、辞退によってお葬式の相互扶助的な側面は失われます。家族葬では、参列者を絞るので接待費や返礼品などの費用は軽減しますが、香典を辞退しない場合であっても一般葬に比べて香典の金額は減少しますので、お葬式の費用として実際の負担額が多くなる可能性もあります。

お葬式は故人や家族だけではなく個人と関わりがあった人にとっても大切な儀式です。お葬式のスタイルについて、選択肢が増え、自分なりのお葬式のあり方を考えられる時代になりつつあります。それだけに家族や親族、交友関係者にとって後悔のないようなお葬式のあり方について、情報を集め理解することが必要でしょう。